『正直不動産』9巻の感想レビュー「タワマンから戸建まで町の不動産屋なのに手広く取り扱い(笑)」

『正直不動産』9巻表紙
【出典】『正直不動産』(小学館)9巻Kindle版表紙

それにしても次から次に話題がつきませんな~不動産業界は。
この『正直不動産』に多少脚色や漫画ならではの誇張があるにしても、漫画のネタにされる時点であくどい側面があるのは事実ということですよね。

目次

フラット35

住宅ローンを組んだばかりの気弱な旦那に、別の投資用マンション購入を勧める・・・
しかも、違法行為・・・

まさに狂気の沙汰!!鬼畜の所業!!
しかし、マンガだから笑って読んでられる(笑)

神木の若村さんに対する酒の席でトークも”日本の最新トレンド”要素満載でおもしろいですね。

「節約のために晩酌を発泡酒にした」
「小遣いもこの歳になって減らされた」
「残業すら満足にさせてもらえない」
「ここ20年でサラリーマンの平均賃金が下がり続けているのは先進国ではほぼ日本だけ」
「自己責任論」
「死亡事故を起こしても上級国民なら逮捕すらされない」

【出典】『正直不動産』(小学館)9巻Kindle版No.7-8

まあ、実際に「正直者が馬鹿を見る国」になってますからね、完全に。
こんな国ではマンションを買うかどうか悩めるだけでも、十分にうまくいっている側の人間、という見方もできます。

新しい発見!
神木の住宅金融支援機構への不正報告の電話
永瀬は電話なら正直風に負けないんですね~なんとか通話終了をタップできた(笑)

管理費等滞納マンション

月下、何回目かわからないほどの「この仕事向いてないんだ」と自問自答タイム。
ただ今回は退職願まで用意。けっこう本気。
まあ、仕事うまくいかないと向き不向きを考えちゃいますよね~

にしても、登坂不動産の客はいつもミネルヴァに邪魔されますな~
ATMの前で話しかけてくるヤツなんてあやしすぎwwwそんなあやしいヤツのアドバイスなんて聞くなよ~

最後は永瀬が丸く収めましたが、何よりこの床屋の松島がクズすぎるでしょ

マンションの管理費・修繕積立金の滞納は多いと聞きます。
これが大きい分譲マンションの最大の注意点ですね。

水害マンション

武蔵小杉のタワマンがテーマ。
もう世間ではほとんど報道されませんが、どうなっているんでしょうかね。

永瀬は相変わらず、タワマンに住みたいんですね~
正直営業が軌道に乗っててもそこは変わらないのがウケる。

塔急の伊集院が再登場。
ボンボンの息子感が風貌からもにじみ出ている(笑)

井口さんに人任せがすぎると言う永瀬の一連のセリフ、ここまで言えたら最高でしょうね。
説得力もあるし、ホント正直で良いですわ。

搾取マンション

永瀬の友人、彰のタワマンがテーマ。

おっ!映画『Stand By Me』のネタが!
私も小学生のとき見て本当に好きだったな~と思い出しましたね~
川にかかる橋を這って渡っていたら、汽車が来るシーンは今でも鮮明に覚えています。

タワマンの管理費にこんな問題があるとは勉強になりますね。
「グレーではあるが、違法ではない状況」
どの仕事や業種にも存在しますね、白黒はっきりつけられない状況。

通行地役権

またまた菅沼の登場~
またまたミネルヴァに妨害される~

自宅は八王子、ストロングゼロのつまみにチーズ、自己啓発本・・・

「嫌われる勇気なんか持つ前から嫌われてんだよ」

【出典】『正直不動産』(小学館)9巻Kindle版No.178

ププー思わず吹き出してしまいました。

『正直不動産』はこういう細部までこだわっているからおもしろい!

まあ、お客の引越し挨拶のための手土産を不動産屋の営業マンが用意するなんてありますかね?
趣味の食べ歩きが活かされてるじゃないか、菅沼

以上、9巻もマンションと戸建の両方がテーマになっていて楽しめますね!
実際は、町の不動産屋がタワマンまで取り扱うことはほとんど無いと思いますが。

次はいよいよ10巻!

※著作権への配慮

当ブログでは、各作品の著作権に最大限配慮してセリフ・コマ等の引用をしております。
詳細は「著作権につきまして」のページをご覧ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる