『正直不動産』7巻の感想レビュー「永瀬vs元上司の神木、家を売る心理テク登場、顔が似ている気も…」

正直不動産7巻の表紙
【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版表紙

7巻もおもしろい!!神木は良いキャラですねえ!
最初パッと見、永瀬と髪型や顔が似ているときがあるため、「んっ?」と思ったところも。
ナンバー1になるために整形までしている顔なので、絶妙な違和感があります。

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.53

客を丸め込むための心理テクニックも出てきますので、知ってる内容をありましたが、改めて漫画で読むと参考になりますね。
不動産屋をやっている知人に聞いても、『正直不動産』おもしろいらしい!

目次

第48直「タワーマンション」

今さらですが、話数の数え方が「直」なんですよね、笑える!正直の「直」でしょうかww
この章は第48直になっています。

以下、神木の家を売るテク

「人の悩みのほとんどは、過去への後悔か未来への不安から生まれる」

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.8

「単純接触効果」…人は会う回数が多いほど親近感を抱く。

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.11

⇒アメリカの心理学者が提唱したので、ザイオンス効果ともいいますね。
ただ、最近では、場合によっては逆なんじゃない?と言っている方もいまして、私も条件が合致しないと逆効果だと思います。
嫌いな人と何度接しても嫌いなままですから。初対面から一定以上の好意を抱かれるような人でないとなかなか厳しい気がします。
失敗すると“何回もうざいんだけど”となりがち。
まあ、恋愛の場合は、交際の申し出を何度も断られているのに、鬼メンタルであきらめずにくり返し告白しつづけていたら、女性側が折れて結婚までしたというパターンもありますからね。
人間っておもしろい。

「ゴルディロックス効果」…価格の選択肢が3つあると人は中間のものを選びやすい。

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.12

⇒日本では、松・竹・梅!

「クロスセル」…ついで買い

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.14

⇒「ハンバーガーと一緒にポテトはいかがですか?」のセット販売手法ですね。

「人は根源的には周りと同じことをしたいと思っている」

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.14

⇒これは日本人には特に強烈。世界で一番「他人の目を気にして、他人にどう思われるか」を心配している民族ですから。
そして、その他人は実際はそれほど自分には興味を持ってくれていない、という笑えない現実

「男の虚栄心をくすぐれ」

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.14

⇒まあ、男は皆よく見られたいですから。見栄の張り方にはすさまじいほどの個人差が。
でも、たまーに本当に見栄なんか1ミリも興味ない男もいますよね、だいたい性格が良いです。

マーケティング関係の仕事をしている方なら、ほとんど聞いたことあるテクニックでしょう。
ストーリーや登場キャラクターへの絡ませ方がうまい。

三為業者

ほうほう、三為(さんため)、勉強になりますな。

『正直不動産』は近年のトレンドをすぐに取り入れてきますよね~そこがおもしろさを飛躍させているポイント。
スルガ銀行まで出てきました!!

不動産投資でセミナーを開いて集金するのは、本業の不動産投資で食えてないヤツがほとんど。

【出典】『正直不動産』(小学館)7巻Kindle版No.33

これは、不動産に限ったことじゃないですよね。
「儲かる商売がある」「ネットでの稼ぎ方をお金を取って教える」セミナー屋や情報商材屋はだいたい情弱をカモにしている詐欺師ですよね~

にしてもこの小室って客はルー大柴さんがモチーフでしょうか(笑)
やたら横文字を使ってるw

公簿売買

土地の用途地域と建ぺい率の話題が出てきます、宅建学習中の方にはこの漫画は本当に最適ですね!
教科書的なテキストで文章だけ読んでも、非業界人は理解しにくいですから、漫画なら具体的なイメージがしやすい!
これから宅建の受験を考えているなら、読んでおいて損はないです!!

大地主の久宝じいさんも見た目に反してすばらしい。
特に男は歳を取ると頑固になって自分の非を謝ることができにくくなりますからね。
昨今「謝ったら死ぬ病」が蔓延していますから、自分も気を付けたいものです。

賃貸管理物件

管理委託料は少額でも安定収入なんですよね~
賃貸メインの不動産屋でも経営が安定している理由なんですね。

この章は部長がメイン。
別の物件の借主をあらかじめ呼んでおいて契約を維持するなんてやり手ですわ。
しっかし、不倫について誰もあまり突っ込まないのは少し気になったかな(笑)

既存不適格マンション

おっ、容積率が!これも宅建の出題範囲ですね~
確かに理不尽ですね~違法なこともモラルに反することもしていないのに、
法改正によって資産価値が下がるなんて・・・
マンションオーナーも大変ですね・・・細かく見ていくと不労所得なんてほとんど無い気がしてくる・・・

おおー、ラストに桐山がっ!
やはり再登場してきましたね~

毎回最後に、次巻の発売日を書いてくれているのも『正直不動産』の良いところ。
個人的には計画的に新刊を出してくれる漫画家さんは全力で応援したくなりますっ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる